aigiss’s blog

千葉県鎌ケ谷市周辺の不動産情報など を紹介していきます。

USBメモリーの受難

 USBが壊れた。そして買い替えたUSBも…。


今日はSvdで朝から義理Cをいくつか頂いた。
義理でも、お返しをする必要があるから複雑な気分である。

さて、USBメモリは正式には「USBフラッシュメモリー」と呼ぶんだけど、販売店や製造元のHPなんかには堂々とUSBメモリーと表記してあるので、ここでもそうして表記します。

年明けの仕事始めの次の日ことになるのですが、使っているUSBメモリ「RUF3-PN32G-SV」(「USBメモリーが認識しなくなった!!(IOデー○製)」20180823参照)がいきなり壊れてしまったのです。(ということは、1年4か月持ったという事か)

前兆といえば「なんだか書き込みが遅いなー」とストレスを感じたことです。
次の日に使おうとして、USBポートに差し込むと、「デバイスが認識されません」の表示がいきなり現れ、ポートを変えたところ、無反応。

コンピュータの管理→ディスクの管理を開いても認識がされていない状態になってしまったのです。

なんと、このUSBは結構調子が良かったので、バックアップを疎かにしており、年末から年始にかけて作成したり、アップデートしたファイルが飛んでしまったことになり、結構大事なものも含まれていたので、青くなってしまった。

家に帰って、何とかコピーだけでもできるようにしてくれ!と祈りながら差し込んでみたところ、何回目かで認識したので、いつも使っている、コピーツールで、データを吸いだした。

しかし、転送速度が非常に遅いのである。

そうこうしているうちに反応が無くなってしまい、エラーの表示が出てしまった。

また差し直してみる。

すると、今度は、転送速度も元の速さだ。
快適にコピーが終わって一安心した。

一見、直ったようにも見えるのだが、次の日、また仕事先のPCで試すと、どのUSBポートでも認識されない。

だが、ここで、ひとつ面白い現象があったのである。
かなり年季の入ったUSBハブ「GH-UHK2048BR」というのが、そこの仕事場にあったので、それを経由させたところ、認識したのである。

もし、USBメモリが認識しなくなって困っている人がいたら、試して欲しい方法だ。


そして、その日のうちに、Bカメラに行って、新しいUSBメモリを購入した。
動画はもとより、音声ファイルなども保存する予定がないので、あえて2.0の物を選択。
今回壊れるまで、調子が良かったし安かったので、同じバッファローの物にした。


帰宅し、PCへコピーしてあったデータをコピーツールで書き込む。
今回は普段よく使うフォルダだけ持ち運ぶことにした。
僕が気に入って使っているコピーツールには「完了予測時間」と「転送速度の表示」がある。
それを見ると完了まで30分を超えている。
2.0ってこんなもんだったけ???
と思いつつも、ほっといている間にコピーが終わる。

早速使い始めると、やはり、書き込みが遅い。
2.0規格だからと諦めていたんだけど、明らかにおかしい。
新しく作った、TEXTファイル(ほぼ0バイト)でさえ、書き込み時にポインターがくるくる回ってから、やっと書き込まれるのである。


使えないわけではないがこれでは不便だ。

もしや初期不良

 

f:id:aigiss:20200214201334j:plain

 

 

ベンチマークフリーソフトCrystalDiskMark」を使って他のUSBと比較することに。
すると、比較するまでもなく、ランダム書き込みの作業がなかなか終了しない状態に陥り、表示された数値は「0.01」。(図の赤丸)

手元に10年以上前の128Mと512Mがあったので(それ以降に買ったものは、1年ぐらいでことごとく壊れてしまった)それぞれ測定する。
どちらも大体0.15程度は出ているのである。(図参照)

昨日、このデータを基に、BカメラのHPにある問い合わせから、購入した店舗を指定し、上記のような内容を書き添えて送信したところ、夜になってから、担当からメールがあり、交換するので、ご来店いただくか、送付をしてほしい旨記されていた。

今日、早速取り換えに行ったところ、メールをくれたS氏がちょうどレジのところにいた。

USBの製品では何本も出荷しているから、ごくたまにこういう症状があるけど、この機種では初めてです。
と、なんか言い訳になるかならないかのようなことを言いながら、「今度のは大丈夫だと思いますよ。」
と、新しい商品を差し出してきたので、こちらが持って行った商品と、保証書を渡すと、「保証書はそのままお使いください。預かったこちらの(初期不良)商品はメーカーに送り返します」と交換してもらった。

折角昨夜保証書を探し出して持ってきたのに無駄な労力になってしまった。
普通に書き込みができるので、今度は大丈夫なようだ。
何か月持つだろうか。

漫画にはまって引きこもり?!

 フーのプレミアム会員になってからかなり経つ。
元はと言えば、10年ほど前までは、ヤフオクで5000円以上の商品を「落札」をするためにはプレミアム会員になる必要があったのです。
「出品」ではなく「落札」でです。

今では考えられないシステムでした。

で、そのまま放置、毎月500円程度の会費が引かれていっているのです。

まあ、たまにはyahooショッピングで買うので、その時には通常よりも還元ポイントが多いという特典があるのですが。


アマゾンなんかだとプライム会員になれば動画が見られるとか、配送費が無料になるなど特典があるので、ヤフーのプレミアム会員も他に何か特典がないかな?と調べたところ、「マンガ読み放題」というのを年明けに、見つけてしまった。(メールにも案内がいくつか来ていた!)
(著作権の関係があると思うので、画像は加工しちゃいました。同じ理由で、漫画の紙面も載せません)

f:id:aigiss:20200131135653j:plain

 漫画を探す。
ドカベン(ない( ;∀;))こち亀(ない( ;∀;))など・・・無料なだけに有名な作品は無い様である。


そんな中、昔リアルタイムで読んでいた、「ブラックエンジェルス」を見つけた。

気弱を装った主人公が自転車で旅をしながら、必殺仕事人のように、こっそりと悪人を退治するので、自転車に乗っている身としても、当時、読んでいたのである。

スポークを武器にするんだけど、走行中のスポークをいきなり外すのは「絶対」無理。
シートポストに吹き矢を仕込んであるのは、かっこいい。
バックでの走行シーンもあるが、これは、10キロ程度の速度だったらピスト系の自転車で可能だ。
実際、僕が学生時代に所属していた自転車部にはレース部門の他に、「サイクルサッカー」という競技をする部員もいて、バックに漕いでゴールを死守したりしていた。

そういうわけで、この漫画、最初は良かったのだけど、途中から(神父さんが出始めたあたり)ややこしくなって、読まなくなっていた。
今回、全部読んだけど、やっぱり読まなくなってしまった理由が分かった気がする。
しかも、戦闘場面の描写がリアルで、スプラッターホラー状態。
少年誌に連載されていたとは、今では考えられない表現だ。


 似たようなバイオレンスもの漫画を探していたところ、今回すっかりはまって、休日を丸々つぶしてしまった作品に出合ったのである。

かなり古い成人漫画で、「さそり」という。
何となく聞き覚えのある名前だ。
作者は篠原とおるさんで、こちらも聞いたことがある。

タイトルでググってもらえば、相当の数の「ネタバレ」ブログ等がヒットするので、説明は簡単にしますが、松川ナミという女性が、ひょんなことから女囚刑務所に入れられ、そこで、嫌がらせを受けた囚人や看守に数々の復讐をするんだけど、すべて計算通りにうまくいくのです。
まあ、脱走は2回したけどどちらも失敗。でも、その中で看守に復讐を果たしたりしている。
舞台が刑務所だし、街の描写も多くは夜。そして、雨のシーンが多い。
そう、全体的に冷たく暗く、陰湿感が半端ないのです。(作者の計算通りか)


そして、主人公の表情が、これまた、とてもクールで、ゴルゴを彷彿とさせる眼つきをしている。
狙撃はしないけど、仕掛けのタイミングが成功していくあたりは、ゴルゴ同様いっぱしのテロリストと言えるのである。

読んでいくと、憂鬱な気分になり、かなり滅入るのだ(そういう意味ではお勧めできない漫画である)が、一つ一つの細かいピースがうまく組み合わさって、思い通りに行く様は痛快で、そこで気分が救われる。

そんなことで、1話ずつ読むとか1巻ずつ読んでいこうかな、とか思っていても、「次はどうなるの!」と寝食を忘れるほど!すっかり引きずり込まれて、こんなに天気も良かったのに、1日「ヒッキー」になってしまった。(コロナが流行っているから丁度良かったかも。)

また、なんか他に面白いのがあったら、紹介しますね。

100均のパンク修理キットはロード系のチューブには不向きでした

日、連続で通勤途中にパンクをしてしまった。

1回目は帰り道.

長い緩やかな坂を下り切ったあたりで、「プシュー」と派手な音がした(実際、先行していた若い男性も振り返ったくらいだ)ので、「あっ、やってしまった。」と思い、抜け切る頃合いを見計らって路肩に止めようとしたところ、なぜか走り続けていられたので、「あれっ自分じゃなかったのかな??」と錯覚をしてしまった。
そして、そのまま持ちこたえてくれたので家までたどり着く事が出来てしまった。

次の日も3気圧ぐらい残っていたためポンプで空気を入れると入れ切ったところで
「シュー」とエアが少し漏れるのだが、抜け切ることもなく落ち着いてしまったので、交換すればいいのに、圧が掛かったため、一時的にパッチが剥がれたものの、また塞がれたのだと推測し、そのまま出掛けたのである。

 


そしてなぜか、そのまま目的地まで着いてしまった。


一仕事終わらせ、乗ろうとしたら「ぺったんこ」になっていたので、ここでやっとチューブ交換を決心、交換作業をする。


2回目は、その翌週、朝の通勤途中、もう少しで目的地という所(2~3キロ手前)で、段差を超えたときに「ゴツッ」と来たので、「あれっ、圧が下がっているな、おかしいな」と進んでいたら、すっかり抜けてしまい、最後の1キロ弱は押して目的地まで行ったのである。当然すぐに交換した。

f:id:aigiss:20200123184320j:plain

この2つのパンクの原因は思い当たることがある。

どちらもパンクする前日にエアを“たっぷり”入れたことと、これらのチューブの前回のパンク修理の際“100均”で買ったパッチを使っていたことである。


規模の大きい100均(「開店と同時に100均(Dソー)へ入店してみたところ…」20180408他多数で紹介済み)では、パンク修理セットだけではなく「ゴム糊」だけ(2本入り)や「サイズ違いのパッチだけのセット(8枚入り)」なんかが売られていて、1枚当たりの単価が、今までの物より安かったので買って使ってみたのです。(写真の左のゴム糊、周りがオレンジ色のパッチがそう)

このパッチが作業時に何だか、やたらと硬い印象だったのですよねー。


そして、今回、反省して、いつもの「マルニ」(写真の右側の黒いやつ)に、貼りなおすため、チューブに貼ってあった100均のパッチを剥がそうと試みたところ、若干オレンジの部分が残る物の、何と、いとも簡単に剥がすことができるのである。
空気が漏れるのも当然である。

「マルニ」のは、貼ったら最後、チューブとパッチのゴムが同化するので、ここがすでに違っていたのです。

この100均のパッチは「高圧(6気圧)空気を入れる25Cのチューブ」だから持たなかっただけで、一般車のチューブであれば使用は問題はないのだと思うことを、あえて付け加えておきます。

Dellのスタートアップが大変ジャマだった件など

 この所、天気予報の精度が非常に悪い。
まず、1月8日。この日は温かくなるという予報を信じ、少し薄着をして出かけたばかりに夜に寒気に襲われ、熱が出てしまった。翌木曜は、ほとんど何も食べられず仕事先でボーとして過ごし、早めに寝て何とかやっつけたのです。
極めつけは、1月18日。雨(雪)は朝のうちに止んで、午後からは晴れるという予報を信じ出掛けたのだが、午後はおろか夜までしっかり降り続けていたのには閉口してしまった。


本題はここから

昨年暮れにPCが、突然起動しなくなり、「0xc0000225」のエラーコードが表示されるばかりになった。
HDDを「CrystalDiskInfo」でチェックするが異常なし。

winloadファイルが壊れてしまったのである。これは以前も経験した症状だ。
この辺りはマイクロソフトは不安定ですね。

しょうがないので手っ取り早く元のHDD(「春の?ハードディスク換装!!」20170412参照)をクローンコピーし、データ領域を差分コピーして復旧した。
マイドキュメントなどはDドライブに設定してあるので、こういう時には助かる。

折角だから、この機会に10にUPしてしまおう、と思い付いた。


8.1は使い慣れていたので、サポートぎりぎりまで使う予定だったけど、仕事先で10を使い始めてみたらXPや7のようなスタートメニューで、思いの外使いやすかったのである。

無料期間中にDLしていたイメージをDVDに焼き、クリックしていったら簡単にできてしまった。


使っていると、まず、サインイン(ログインという言葉で過ごしてきた身には、この言葉がなじみが無いのだけど8辺りから「こう呼べ」とMSが言っているのですね。)のPINコードを入力するのにタイムラグがある。

起動してから10分くらいは不安定で、ちょくちょくポインターがくるくる回る(昔の砂時計)。
そして、起動後10分くらい経過した後、右下に「Dell Backup and Recovery ベーシック」が表示され「何もしない」のラジオボタンをクリック(そのままOKをクリックすると、面倒!)青いOKボタンをクリックし、やっと、落ち着いた動作になってくれる、(写真上の右下参照)という症状である。

つまり、このDELLのBackup and Recoveryが、かなりシステムを邪魔していることが一目瞭然なので、スタートアップから削除をしようと試みた。

しかし、DELLと付いているプログラムをすべて停止しても一向に変わらない日々が続いた。
これってスパイウェアじゃん。と本気で思ってしまった。

f:id:aigiss:20200121223035j:plain

 

いくら探しても見つからないので、ここで登場するのが、フリーのユーティリティーソフトの代表「Glary Utilities」。

このソフト、無料だけどかなり使えます。
昔、(今もあるのかな)シマンテックの360とかいう物に匹敵している。


僕は、職業柄たまに訓練校なんかに行くんだけど、これを紹介している。
デフラグはもちろん日頃のメンテナンスにはこれ1本で大丈夫なのでは?
(フリーソフトについては今回は深入りしません)


Glary Utilitiesはスタートアップ項目を選択すると右ペインの「詳細」の中に詳細情報があるので、それらしい(つまり、winとかintelとかでないもの)を調べていった。


すると、SoftThinks Agent Serviceの詳細情報に何とDellと思い切り出るのである。(写真下、赤丸内)


これには、たまげました。

分かるわけがない。

10にUPグレードしたために新たに組み込まれてしまったのですね。

Dellは「3日間限定」とかで、かなり安く買えることがあるので、(このPCも格安であった。)買い替えもDellになると思うので、SoftThinks Agent Serviceは覚えておこうと思う。


※注:普段はメーカー名などは伏せることが多いのですが、それぞれシステムの固有名詞のため、伏せていません。何か不都合がある場合にはコメント欄などから連絡してください。)

昼飯の問題⑥新橋ラーメン①豚骨編①

 12月というのに雨の降る日が多く晩秋を引きずっていたが、昨日あたりからすっかり寒くなって冬本番である。
まあ、12月も下旬だから、この時期らしい気候にやっとなったのである。

 新橋の方へ行く用事があったので、かねてより受け取っていた、洋服の青山のハガキを持って、店頭へ行った。
 今回はキティちゃんのブランケット、期限は今週末である。
以前購入した「折り畳み傘」がすぐに壊れてしまったので、買っておこうと思ったのである。
何といっても、この青山の折りたたみ傘は、かなり小型で、軽い。
バッグへ忍ばせておくのには便利な代物なので、リピートしていた。しかし、軽いだけあって、壊れやすい。


 ワゴンを覗くが、傘が見当たらない。ついでに何か買うか、と思いアパレルを見たところ、サイズはすべてSであったため断念。

店内に入り、「折りたたみ傘はないの?」と若い男性店員に尋ねると、「もう、置いてないんですよ」という。


しょうがないので、ハガキだけ渡す。
すると、「こちらの商品は人気があって、もう無くなりました。」
「えっ、こんな物に人気とかってあるの?」と聞くと、あるという。

奥の、キャビネットから「タオル」と「小物入れ」(丸い透明容器)」を出してきて、「どちらがいいですか?」と聞くので、もともとブランケットのつもりだったし、小物入れは嵩張るので、タオルを選んだ。

無料の粗品なのに、袋に入れながら、「こちら(青山の)のポイント、お客様は現在カードを使われているようですが、スマホや携帯でも登録できるので、お時間のある時にでも登録してください。」と言うので、
「既にカードもないから、いつも電話番号を言って、処理してもらってるよ」と言った。

f:id:aigiss:20191224232012j:plain


店を出て、昼飯にする。
余りにも寒いので、温かいものがいいな。と思い、ラーメンがいいと結論が出た。

そういえば以前この先(ヤマダ電機の路地裏)に九州ラーメンがあったな。
と思いだし、店の方向へ進む。


この店の前は、幾度か通ったが、なかなか中に入るまでには至っていない。

硝子戸のないオープンスペースの、のれんの隙間から中を覗くと空席がある。躊躇っていると「空いてますよ」と、中にいたアジア系の外国人のお姉さんから声がかかったところで、背中を押された感じで入っていった。


普通のラーメン500円。
目の前の壁に味噌ラーメンのポスターがあり、550円と書かれていたので、それをチョイス。

カウンターを見ると、「ゴミは足元のゴミ箱へ」と言う張り紙があり、思わず足元を確認してしまった。ちゃんとそれぞれの席ごとにゴミ箱があったのである。
カウンターには、胡椒、紅しょうが、辛子高菜、ニンニク等の調味料も充実している。


お待ちどうさま。と、どんぶりが目の前に差し出される。
どんぶりはお皿に乗せられていて、そのまま受け取り、すぐさま写真撮影。

分かりにくいけど、チャーシューの下にもやしが入っています。

たっぷりにんにくを入れて食べ始める。
替え玉が無料とあるので、注文すると、ほどなくお皿に入れた状態で提供される。

会計は本当に550円で済んでしまった。
どうやら増税後も自社努力で吸収しているようだ。(注:“オチ”のつもりではありません)

そういえばここと同じ名前のお店、渋谷の道玄坂沿いにもあったな。
と店を出てから気が付いた。

ハンズで時計電池交換

 頃、一昨年に購入した2つの腕時計(「腕時計のベルト調節してみました」171022参照)が同時に止まってしまったのです。

その日は土曜で朝から自宅近所に買い物行ったりして過ごしていたのですが、着けていた腕時計が止まってしまったので、もう一つの腕時計に変えようとしたところ、なんとそれも、それより約15分前に止まっていたのです。

 曜日と日付から、その日であることは疑いようになかったので「えっ!同じ日に電池が同時に切れるってことある?」と不審に思い、叩いたところ動き出したのである。

先に止まっていた方も何故か秒針が飛び飛びとなる、変な動きを始めたので、グーグルの先生へ尋ねるたところ、セイコーのクォーツは電池の交換時期を知らせるために、2秒送りになる、ということが分かった。

どのみち残量はないと考え、使用を諦めた。

こうなると、自分で交換したくなる質である。

2つの時計は裏蓋のタイプが異なり、パカッと開けるタイプと、スクリュー(ねじ込み)タイプだ。

 このパカッと開ける工具を探すが、でかいダイソーにもないし、通販で探すと結構なお値段だ。

結局、動き出した方を使いながら、過ごしてきたが、こちらも2秒飛ばしになってしまって1月ほどたってしまった。


 1万円程度で手に入れた腕時計の電池交換に1000円をかけるのも癪だけど、最初の電池交換となるし、外部にお願いすることにした。
 最初、ポイントもたまっていることもあり、Bカメラにしようと思ったが、WEBの口コミを見ると、店舗やその時の作業員により当たり外れがあるらしく、かなり不安が残る。

 ハンズのWEBを見ると予算をオーバーするが、防水チェックもできるということだったので、尋ねてきました。

 ハンズは以前は夏休み期間中とか期間限定で、8:30とか9:00まで営業していたけど、今は平日も閉店時間が少しづつ伸びて、いつでも夜9:00まで営業してくれているのでうれしい。

1Fから腕時計のコーナーへ階段を上がる。
お目当てのコーナーは向かって左方向にあったはず。
と思いながら見てみると、かなり若い女性の店員さんが、所在なさげに“ぽつん”と佇んでいる。
あれ、違ったかな?と思った(これは良くない先入観で、時計職人のイメージ増が出来上がってしまっている)ので、その向かいにあるコーナーでは、若い男性店員が2人で待ち構えていたので、「電池交換をお願いしたいのですが」
と言うと、電池交換は向かいですよ。と案内された。

やはり合っていたのだ。よく見たら、スマホの修理コーナーだった。

お姉さんに電池交換したい旨を言うと、いつ頃止まりましたか?担当が間もなく帰ってくるので。
などと受け答えしていると、年季の入った感じの男性が小走りに戻ってきた。

どうやら、お手洗いにでも行っていたようだ。
事情を説明すると「空いてるからすぐできますよ。このタイプだと税別1500円ですがいいですか?」と預けた時計を見ながら聞いて来るので、そのままお願いした。

今日は預けて、後日取りに来ようかと予定していた僕は拍子抜けしてしまい、フロア近くのバッグ売り場などをチェックしながらぶらぶらと時間をつぶし、ついでだから自転車のタイヤへ空気を入れに行った。(ここの空気入れについては、また別の機会に紹介したい。)
1Fの自転車売り場を通って外に出る。
目の前の道は2ケ月ほど何やら工事をしていたが、先日すっかり綺麗になっていたので、そこにいた店員さんに「自転車売り場は地下に戻らないの?」と聞いたところ、その予定はない。と言われ、がっかりしてしまった。

何せ、地下にあった時の方が独立したスペースだったから、専門店のような感じで、品ぞろえも良かったような気がするからである。

 

f:id:aigiss:20191216230902j:plain


ついでに写真を撮る。(※写真はハンズの反対側、モンベルビル前の欄干にカメラを固定し撮影。その甲斐あって余りブレてない!ハンズの奥に見えるパルコビルも最近まで工事をしていたが、すっかり綺麗に出来上がっている。)

そろそろ言われていた、仕上り時間になり、時計売り場へ戻ると、2人が雁首揃えてこちらを向いて直立している。

「出来ていますよ、単なる電池切れと、やはりかなり(電池)減ってました。クリーニングもしておきました。」と言う。そして、
「ここは珍しいところで、店内に防水チェックの機器がありますので防水チェックもしてありますよ。10気圧防水ですけど、温泉、プールはだめですよ。」
言われなくてもハナからそのつもりはないのだが、続けて、
「あと、水道の蛇口も気を付けて下さいね。水道って10気圧くらい軽くありますから。」
これは知らなかった。

会計を済ませると、伝票(預かり票)に引渡し済みのサインを求められ、控えを受け取る。
「1か月くらいで何か不具合があったら、言ってください。」
と添えられる。

伝票をよく見ると下のほうに「Kファクトリー」(イニシャルトークにしてます。)と書かれている。

ハンズ直営ではなく、専門の業者が入っているようで、これなら安心だと妙に納得してしまったのである。

Y野家のプリカを買ってみました。

 10月に消費税がややこしくなって、牛丼チェーンも“内税派”と“外税派”に分かれた。
吉N家は律義に店内時の10%とテイクアウトの8%に対応するために外税となったので、食事に行くと“お釣りの1円玉”がかさばるという問題に直面した。
 何とか、これを解消しようと考え、HPを見ると「プリカ」があり、2%の上乗せもあることが分かった。
 「たったの2%かぁ。金額によって、例えば1万円をチャージしたら5%とか増やしてくれればいいのにな」
と思いつつも、先月の末、久しぶりに「虎ノ門コモンゲート」に入っている“とんかつ「まるや」”さん(昼飯の問題③20180817参照)へ行って、定食を食べた後、目の前にあった、Y野家へ入る。(ちなみに“まるや”さんは増税後も価格据置!700円だった。偉い!ので、今回はイニシャルでなく実名で書いてみました。)

 お昼というにはあまりにも中途半端な時間であるし、コモンゲートという限られた空間に存在しているので、ここの吉N家さんはガラガラである。

 「プリカを作ってみたいのですけど」と財布から1万円出しながら声をかける。
すると、それを見ていたベテラン風のおじさん店員さんが、「1万円ですか。もし急ぐのでなければ。これはどこにもまだ出してないんですけど、明日からポイントの上乗せが10%になるのでお得ですよ」と教えてくれた。
「えっ!本当!有難う。それじゃあまた明日来るよ。ありがとう。」と重ねて礼を言いその場を後にしたのです。

 次の日にY野家のHPを見ると、確かに12月11日まで10%上乗せとあった。
(こうなると、急ぐ気が急激に失せてしまうのである。)

 

f:id:aigiss:20191211174908j:plain

 

 

ギリギリ間に合いました。

 今日行ったお店は、お兄さんと少し年のいったお姉さんがいたので、前回と同じように申し出た。

 入金手続きはお姉さんが行う。
「これ5千円までしかできないけどどうするの?」と傍らにいるお兄さんに尋ねている。
「5千円を回数分押せばいいんだよ」と隣から教えている。

何とかうまくいったようだ。
入金済みのレシートが渡される。

店内の放送では、ちょうどこのボーナスポイントの案内が流れていて、
「通常は2%相当のところ期間限定で10%相当のボーナスポイントが付きます。1000円チャージすると通常20ポイント相当のボーナスポイントがこの期間なら100ポイント相当、3000円なら…」と当たり前なことを言っている。
5000円のところでも同じようにアナウンスされ「ボーナスポイントで牛丼1杯分相当が無料になりお得です。」と付け加えられていた。

アナウンスといえば先日、店内で食べていたときに「美味しい牛肉は生後18か月から24か月の…」という放送を流していたので、想像してしまったところ、かわいそうになって食欲が減退してしまった。
大体、人間は人を殺してもなかなか死刑にはならないのに、何もしていない仔牛が、殺されていくというのは気の毒だ。
まあ、これは牛だけではないのですが。


ちなみに、チャージは5万円までということで、今回のようなときはポイントも加算されてしまうので、元金は4万5千円までということです。

そして今日まで持ち帰りも割引だというので、その場でオーダー。
早速使ってみることに。

裏のバーコードを読み取るのだが、うまくいかないようで、お兄さんが手助けをしてくれる。(押していたレジの場単が違ったようだ。)

必ずレシートで残高をチェックするという手間が増えたけど、これでしばらくは吉N家に行っても小銭がたまってしまうということから解放されそうだ。